大人女子に人気の和婚!ブライダルフェアで体験する方法

公開日2017.12.18

ブライダルフェア 和婚

 

 

ブライダルフェアで人気の和婚の体験する方法

 

ブライダルフェア 体験

神社での神前式の結婚式を挙げたい、披露宴に着物を着たい、和装で写真を撮りたいという和婚を希望するカップルが増えています。

 

 

和婚は神社での挙式だけでなく、ホテルや結婚式場の中の神殿で挙式を行うことでも可能ですし、料亭などで和の雰囲気のある披露宴やさまざまな演出を行えたりと、その方法は幅広く選べます。

 

 

神社での神前式の結婚式は、結婚を家と家の結びつきと考えることから、親族を中心に行われます。

 

 

教会式よりも二人で行うことも多く、厳かな雰囲気の中で挙げる式は、一生の思い出になります。

 

 

結婚した後も、家族で思い出の神社を訪れることができるのも特徴です。

 

 

和婚といっても、どのようなスタイルで行いたいのかはカップルによって異なります。

 

 

ブライダルフェアの中にも和婚スタイルにスポットを当て、さまざまな体験ができるものもあります。

 

 

ホテルや専門式場の神殿での模擬結婚式に出席できたり、和装の衣装の試着会や披露宴での演出を体験、見学できたり、料亭などの場合は婚礼料理の試食ができるプランが用意されている場合があります。

 

 

ブライダルフェアでは、どんなスタイルで和婚を取り入れたいのか、カップルの希望を聞いた上でプランナーがアドバイスしてくれます。

 

挙式・披露宴のどちらで和装にするかでおもてなし方法が変わる

 

 

和婚と一口に言っても、挙式と披露宴のどちらを和装にするのかで、お客様に対するおもてなしの方法も変わってきます。

 

 

神社やホテル、専門式場などの神殿で挙式を行う場合は、厳かな雰囲気の中での挙式になりますので、親族に対するおもてなしを大切にするカップルに選ばれています。

 

 

出席して下さった方も心和む温かな雰囲気の挙式を希望する場合は、和装の人前式がおすすめです。

 

 

リングピローを和テイストのものにしたり、三々九度を取り入れたり、伝統を重んじながらもどこか新しい、2人らしい門出になるでしょう。

 

披露宴で和装や着物を取り入れると、艶やかで場の雰囲気も盛り上がります。親族にも友人にも喜んでもらえるでしょう。

 

 

演出や引出物、引菓子などに和の要素を取り入れることで、印象に残る式となります。

 

 

着物で入場する際にお琴や和楽器を使用した音楽を使ったり、生演奏をすることで雰囲気が出せます。

 

 

鏡開きは、両家の両親や友人、お世話になった方など、いろいろなパターンでの演出ができます。

 

 

新郎がゲストに日本酒のサービスをし、新婦が金箔をその上に散らすというのも豪華な演出で喜ばれます。

 

 

獅子舞などの、最近では見られなくなった伝統芸能を取り入れるのも、ゲストに喜んでもらえます。

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

和婚のブライダルフェアは少ない?体験する方法は?

ブライダルフェアってどんな内容?参加してわかることは?、に続く≫

 

トップへ戻る