ブライダルフェアでの予約はお得?支払額が安くなる予約のポイント

更新日2018.7.8/公開日2017.11.28

ブライダルフェア お得

 

ブライダルフェアで支払額は安くなる?結婚式費用を安くするコツは? 目次

 

ブライダルフェアでの予約はお得なの?

 

ブライダルフェア 予約 お得

ブライダルフェアでは模擬結婚式に出席することで実際の式の雰囲気が分かったり、披露宴で出される料理の試食ができたりもするので、結婚を考えているカップルにとっては楽しみな場でもあります。

 

 

しかし、式場側からしたら、ブライダルフェアは商談を行う場です。

 

 

ブライダルフェアを行うには広告宣伝費を始めとしてさまざまな経費がかかります。

 

 

参加する側は無料の場合もありますが、開催する式場側は決して無料ではありません。

 

 

ブライダルフェアを行うことによって、挙式の予約を取り付けようとしてきますが、これは営利団体である以上当たり前のことです。

 

 

その式場で挙式をしたいという気持ちが確固としたものであるならば、あえてブライダルフェアに参加しないで式場と直接契約を結ぶという方法もあります。

 

ブライダルフェアで支払額は安くなる?結婚式費用を安くするコツは?

 

この方法ですと、式場側は経費を節約することができる上に、顧客を獲得できるわけです。

 

 

そのため、通常よりも割引をしてくれる可能性が高くなります。

 

 

ブライダルフェアに参加せずに直接式場と契約する場合は、費用を安くしてもらえるのであれば契約したいと考えていること、特に節約したい品目があることを伝えて交渉すると良いです。

 

 

ただし、必要経費以上には割引はしてもらえませんので、その点は頭に入れておきましょう。

 

ブライダルフェア「当日契約で大胆値引き!」には要注意!

 

 

ブライダルフェアに参加すると、最後のあたりに見積書を出してくれます。

 

 

これは、あくまで概算の金額を出してくれるだけで、実際に出席者の人数や細かいアイテムが決まらなければ、正式な見積書は出せません。

 

 

式場側は、ブライダルフェアの当日に契約すれば費用が安くなる旨を言ってくるかもしれませんが、ここで契約をしてはいけません。

 

 

あくまで、その時出してもらった見積書は概算であって、正式なものではないことを頭の隅に入れておきましょう。

 

 

複数の式場のブライダルフェアに参加すると、それぞれ見積書をもらえますが、式場ごとに見積書の出し方が違うので、注意が必要です。

 

 

複数の式場から概算で出してもらった見積書を見比べて、自分達にとって必要なものとそうでないものを見極めていきます。

 

 

費用が安くなる項目は、引き出物の持ち込み料です。

 

 

引き出物の持ち込み料は、式場によって違いますので、しっかりと見比べて検討しましょう。

 

 

他にも、衣装や司会者、ブーケ、装花、写真撮影は式場以外のところに依頼した方がマージンを取られない分安くなるのが特徴です。

 

 

式場によってはこれらの持ち込みは一切不可というところもありますし、持ち込み可能なところもありますので、細かいところまでしっかり検討していきましょう。

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

ブライダルフェアで支払額は安くなる?結婚式費用を安くするコツは?

ブライダルフェアに行く前に知っておきたい!結婚式を節約するコツ!、に続く≫

 

トップへ戻る