式場契約前に出来る節約のポイント

更新日2018.7.8/公開日2017.11.28

ブライダルフェア 節約

 

ブライダルフェアに行く前に知っておきたい!結婚式を節約するコツ! 目次

 

ブライダルフェアで式場契約前に出来る節約

 

ブライダルフェア 節約

式場契約してしまったあとでは、費用を節約したいと思ってもなかなか価格交渉に応じてもらうことはできないでしょう。

 

 

そのため契約する前に自分たちに有利な条件を設定して、結婚式の費用の節約を行うことが大切です。

 

 

節約の際のポイントとしては初めてブライダルフェアに初めてきたという雰囲気を出すのはやめましょう。

 

 

まだあまり知識がないと悟られてしまうと、相手の営業トークに丸め込まれてしまう可能性があります。

 

 

理想としてはすでに何件かのブライダルフェアや式場見学を行っていて、いろいろと検討していると答えると良いでしょう。

 

ブライダルフェアに行く前に知っておきたい!結婚式を節約するコツ!

 

もしも実際に複数の会場を回っているのであれば、一番安かった見積もりを見せて価格交渉を行ってみるのもひとつの手段です。

 

 

結婚式場側としては、何としてでも自分の式場で契約してほしいがために、その時に成約すれば割引きがあるなどの甘い言葉をかけてくることもあります。

 

 

当日の特典に惑わされてしまうと、後から後悔してしまう可能性もあります。

 

 

そして予算を正直に伝えるのはやめましょう。

 

 

正直に予算を伝えるとそのとおりの見積もりが出てくることもあります。

 

 

また見積もりをもらったらしっかりとチェックすることが大切です。

 

 

式場は少しでも安く見せるために様々な項目を入れていない可能性もあるので、細かい部分までしっかりチェックするようにしましょう。

 

式場契約後に出来る節約のポイント

 

ブライダルフェア ウェルカムボード

 

 

式場契約後に出来る節約のポイントとしては、自分で手作りをするということが挙げられます。

 

 

節約といえばやはりおすすめは手作りでしょう。

 

 

手作りは費用を抑えられるだけではなく、カップルで一緒に何かを作る作業を行うことがよい思い出にもなります。

 

 

節約するアイテムとしては招待状や席札、メニュー表や席次表などのペーパーアイテム、ウェルカムボード、生い立ちムービーやオープニング、エンドロールなどの映像の演出などが挙げられます。

 

 

そして知り合いに視界を依頼するのもよいでしょう。

 

 

もしも結婚式場で司会者を依頼すると、約6万円から8万円程度の費用がかかるでしょう。

 

 

しかしこれを友人などに依頼することにより、大幅に節約することが可能です。

 

 

しかし友人に視界をお願いする際には、結婚式の司会経験がある人や、持ち込みが可能でありさらに持ち込み料はどれくらいかかるのかなどをしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

 

またたとえ友人に依頼するとしてもお礼として現金を支払う必要があることを忘れてはいけません。

 

 

そして当日のビデオ撮影をゲストに依頼するのも大きな節約ポイントです。

 

 

結婚式場で購入すると20万円前後の費用がかかることになります。

 

 

親戚や友人にビデオ撮影を依頼することによって、大幅に節約することができるでしょう。

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

ブライダルフェアに行く前に知っておきたい!結婚式を節約するコツ!

ブライダルフェアの相談会を賢く活用するポイント、に続く≫

 

トップへ戻る