本命式場はある!それでもブライダルフェアは行くべき理由

公開日2017.12.11

ブライダルフェア 行くべき

 

 

式場が決まっていてもブライダルフェアに参加はするとは?

 

ブライダルフェア 式場

結婚式場を選ぶポイントは人それぞれです。

 

 

立地やHPの情報、実際にゲストで訪れたことがあったからなど決定的なポイントがあって本命を決めている人もいるでしょう。

 

 

しかし、本命があったとしてもまだ契約をしていないのであればブライダルフェアには行くべきです。

 

 

例えば本命の式場のブライダルフェアであれば、より結婚式に近い雰囲気を味わうことができるので「やっぱりここに決めよう」という決意を固めることができます。

 

 

ブライダルフェア中の成約であればドレス1着無料や、料理を無料でワンランクアップなど普段は得られないような様々なお得な特典を受けることができるので、本命だからこそブライダルフェアを狙うべきなのです。

 

式場はほぼ決まってる!それでもブライダルフェアは行くべき?

 

本命ではないところのブライダルフェアであれば、違いを比べながら見ることができるので新しい発見もありますし、いざ行ってみると気持ちが変わる可能性も十分にあります。

 

 

いろんなところに目移りして混乱してしまうのではないかという不安を抱く人もいますが、後々後悔しないようにするためには避けては通れない道でもあるのです。

 

 

契約をするまではまだ決定ではないので、式場のよさを存分に味わうことができるブライダルフェアには積極的に行くべきです。

 

即決はNG!ブライダルフェアに行く前に押さえておきたいこと

 

 

ブライダルフェアは非常に魅力的です。

 

 

場の雰囲気も盛り上がっているので、その流れと担当者の営業によってつい契約を決めてしまったという人もいます。

 

 

失敗しないためにもまずは参加する前に抑えておきたいポイントを知っておきましょう。

 

 

ブライダルフェアの落とし穴にはいくつかあります。

 

 

まずは会場の雰囲気に飲まれやすいということです。

 

 

華やかな装飾に数多く並べられた演出アイテムや引き出物など、品ぞろえが良いと特に女性にとっては魅力的に映ってしまいます。

 

 

更にキャンドルをたいてムードを出したり、オシャレなウェディングアイテムや生花で彩られた会場を見て即決に結びついてしまうという落とし穴です。

 

 

買い物の衝動買いにも似たところがあるので、特に女性は注意が必要です。

 

 

そして試食会を行っているところであれば、おいしい料理とおいしいお酒で流されてしまうという人がいますし、衣装の試着会が楽しくてそのまま決めてしまうという人もいます。

 

 

そして最大の落とし穴が見積もりです。

 

 

ブライダルフェアの最後に行われる相談会では、大まかな見積もりを出してくれます。

 

 

想像よりも安い金額を見ると一気に安心感を覚え、そのまま契約をしてしまうのです。

 

 

しかしこの見積もりの金額は最低限のものによって構成されているのでその通りになるわけではないのです。

 

 

あくまでイメージを掴んでもらうための見積もりなので、そこを勘違いしてしまうと後々後悔することになります。

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

式場はほぼ決まってる!それでもブライダルフェアは行くべき?

プロポーズ前にブライダルフェア行ってもいいの?、に続く≫

 

トップへ戻る