ブライダルフェアに行く前にイメージしておきたい!結婚式のテーマ!

公開日2018.4.20

ブライダル テーマ

 

こだわりのテーマがあるならブライダルフェアに足を運んでみよう! 目次

 

ブライダルフェアで結婚式のテーマを考えるとは?

 

ブライダルフェア テーマ

結婚式というのはカップルの数だけドラマがあります。

 

 

なぜかと言いますと、ブライダルテーマは人によって違いがあること、つまり十人十色だと言うことなのかもしれません。

 

 

どんなブライダルテーマブライダルコンセプトをもとに結婚式を作り上げていくのかを決めることによって、ウェディングアイテムや演出方法、結婚式の規模なども決めていくことができるようになるからです。

 

 

ブライダルテーマというものはそんなに簡単に決められるものではないと他の人が言うかもしれません。

 

 

大きな枠の中でのブライダルテーマとは、親族婚、身内婚、少人数婚、神前式婚、キリスト教婚、お急ぎ婚、ケジメ婚、大人婚、リゾート婚、ということなのでしょうか。

 

こだわりのテーマがあるならブライダルフェアに足を運んでみよう!

 

第一歩となるブライダルテーマの決め方は、大まかにこの範疇の中から決めても良いと思います。

 

 

参加する人数で式場の規模を決めたり、神前式婚、キリスト教婚のどちらかにするなど、大まかなテーマを決めてしまいましょう。

 

 

そのあとに、お互いの好みからブライダルテーマの演出方法を決めてみると面白いかもしれません。

 

 

事前に、自分達のブライダルテーマがある程度決まっているならば何ら問題はないのですが、決まっていなくて迷っている方向けのブライダルテーマを決める方法があります。

 

 

そこで必要になるのがブライダルフェアです。

 

 

ブライダルフェアでは模擬挙式を見たり、料理の試食やドレスの試着など様々なことを体験することができますので、このような体験を重ねるうえで自分達だけのブライダルテーマを考えていくやり方が成功方法の第一歩だと思うからです。

 

 

ブライダルフェアに参加することで、いままで迷っていたけど、突然の閃きで、いきなりブライダルテーマが決まることもあるからです。

 

 

スムーズに決めるためにも、まず2人でじっくりと話し合って大まかなテーマだけでも決めていきましょう。

 

 

あくまでも、ブライダルテーマを決めるのは新郎新婦だけで行うことが大事です。他の人意見は参考くらいにして、自分達だけでブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出を決めることが大切なのです。

 

 

もし、周りの(担当のプランナー、結婚経験がある先輩、友人)意見に流されて決めてしまったら、あとで、間違いなく後悔する結果になるかもしれません。

 

 

少なくとも他人の意見で決めたわけですので、満足のいく結果になることはないと思います。

 

 

自分達だけの、自分達だけしかできない、あとで自分達が後悔しないブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出を実現することにしましょう。

 

 

いくつか候補があっても構いません。問題はお互いの頭に浮かんだブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出を実行する気持ちがあるのか、それに必要となる費用にどのくらいかかり、その費用を払うことができるのか、たったこれだけのことです。

 

 

実際に、ブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出を決める方法は、自分たちだけがこだわるテーマをいくつかピックアップしてみることから始めましょう

 

 

たとえば、海で知り合ったならこれをメインテーマにしたり、地元で知り合ったなら地元の青年部に声をかけてお祭り神輿風の演出をしたり、お互いの好みがヒップホップでしたらクラブ風の演出を考えたり、お互いがスターウォーズファンならば会場の演出をこれにしたり、露天風呂が好きならばふたりで行ったことのある露天風呂の写真パネルを並べてみて引き出物にはお風呂セットで決めるとか、バイクの趣味、車の趣味、ペットの趣味、お酒の趣味、食べ物の趣味、旅行の趣味、テニスの趣味、と考えてみれはブライダルにするテーマはいくらでもあることに気が付きます。

 

 

お互いの出会い、お互いの趣味、お互いが好きなことも、完全にブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出にすることができるわけです。

 

ブライダル テーマ

 

あとは、ブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出をどこまで突っ込むのか、そのブライダルテーマとブライダルテーマの沿った演出にはどのくらいの費用をかけるのかをしっかりとふたりで決めておいて計画を実行することにしましょう。

 

 

管理人シバ自身も、ここまで考えたら突然ワクワクしてきました。

 

 

けして、後悔しないブライダルテーマとブライダルテーマに沿った演出、もう一度やることが可能ならば、かなり自信があることは言うまでもありません。

 

ブライダルフェアでテーマに近い式場を探すポイント

 

ブライダル テーマ

 

 

式場選びを行う際に必要なのはブライダルテーマやブライダルコンセプトです。

 

 

アットホームな雰囲気で披露宴を行いたいのに格式の高いホテルウェディングを選んだり、大聖堂での挙式に憧れを抱いているのにナチュラルな式場を選んだりするというのは明らかにコンセプトからはずれています。

 

 

それでは自分たちが求める結婚式を実現させることができなくなってしまうので、まずは大まかにでもコンセプトを決めましょう。

 

 

コンセプトを決めておくことによって、式場選びにブレが生じてしまうことを防ぎ、目移りさせることなく見るべきポイントを押さえた式場選びができるようになります。

 

こだわりのテーマがあるならブライダルフェアに足を運んでみよう!

 

次にそのコンセプトに合わせて挙式スタイルと式場を決めていきます。

 

 

結婚式場というのはたくさんありますが、すべてが同じというわけではありません。

 

 

それぞれが強みとしている部分があり、どんなコンセプトで運営しているかも違います。

 

 

だからこそ最初にコンセプトを決めておけば求める式場が選びやすいのです。

 

 

そうして式場の候補を絞っていったら、実際に足を運んで見学してみたりブライダルフェアに参加したりしてみましょう。

 

 

実際にブライダルフェアに参加をすればわかりますが、ブライダルテーマによって希望を叶える展示を体験できると思います。

 

 

管理人シバは、かなりの時間をかけブライダルてテーマを何にするのかを考えました。

 

 

と、言いますより、どのテーマでいくのか決めることが最後までできませんでした。

 

 

だって日本人ですので和式の神前式にも憧れがあったし、小さなチャペルで神父さんに愛の誓いをすることも希望だったからです。

 

 

白いウエディングドレスと神前式の着物のどちらかを選べと言われているわけです。

 

 

いくらでもブライダルにお金をかけても良いなら、同時にどちらのブライダルテーマも実現することができるのですが、現実はそんなわけにはいきませんでした。

 

 

正直、最後の最後までどちらのテーマにするのかで迷ったことを覚えています。

 

 

そして決めたのが、リゾート婚でチャペルをテーマにした白のウェディングとグレーのタキシードでのキリスト教式でした。

 

 

新郎としては、日本人として神前式にこだわりがあり、新婦としてはチャペルで牧師さんが愛の誓いを読み上げ、指輪の交換をすることに、夢みたいなものがあったのではないかと思っています。

 

 

あくまでも、カップルとして女性の夢の実現をメインブライダルテーマにしたわけです。

 

 

今でもチャペルの牧師さんの言葉と仕草が頭に残っています。

 

 

結婚の誓いをして、署名をして、そのあと指輪交換をしました。

 

 

まるで、昨日の事のように思い浮かべることができます。

 

ブライダル 指輪交換

 

ちなみに、管理人シバの選んだタキシードの色はグレーでした。

 

 

黒と白と、グレーを選ぶようになっていたのですが、黒よりグレーを、そのときは素敵!と思ったからです。

 

 

他の色と比較すると確かにグレーは素敵に思えたのですが、着てみての感じとか、写真に撮られた時の感じでは黒にすれば良かったとあとで後悔もありました。

 

 

この辺は、ブライダルフェアで試着をすることで解決することができることですので、ちょっと面倒だな、と思っても、後で黒にすれば良かったと後悔をするよりは何倍も良いと思います。

 

 

ちょっと発想を変えて、面倒なブライダルフェアと思わず、一生の思い出を作らせてもらえる大切なチャンスを無料で得られいると考えてみると結構素敵なことなのかもしれません。

 

ブライダル 黒服

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

こだわりのテーマがあるならブライダルフェアに足を運んでみよう!

ブライダルフェアで即決してはいけない?、に続く≫

 

トップへ戻る