デメリット?ブライダルフェアで注意したいことは?

公開日2018.7.23

ブライダルフェア 会場

 

 

 

先輩花嫁達(新郎)がフェアに参加するデメリットの対策とは

 

 

    デメリット?ブライダルフェアで注意したいことは?

    ブライダルフェアではメリットばかりが目に付くのですが、そんなメリットの多いブライダルフェアでもデメリットもあるようです。

     

    そのデメリットの1番は、式場側に営業を迫られることかもしれません。

     

    特に困る営業のされ方は、式場側の都合に沿った営業のされ方です。

     

    今日中に式場の契約を決めてもらえば、割引がこのくらいになったりなになにの特典が付くというやつです。

     

    このような話し方で切り出して来たら、ほとんどの場合式場側の営業をされていると考えて良いのではないでしょうか。

     

    確かに、式場選びのことで予算のことやいろいろな相談に乗ってくれるのですが、相手も営業をすることがメインであることを理解しておくことが大切です。

     

    できれば、事前に式場選びの知識をつけて参加することができるのでしたら良いのですが、そうはいかない場合は、式場側の営業対策をするために、今日のブライダルフェアの参加では仮契約や本契約をしない予定でいることを相手に伝えておくと良いと思います。

     

  • 式場側から営業をされること
  • 式場側から営業を迫られることもありますが、だからと言って、変にスタッフにビクビクする必要はありません。

     

    話が営業的な内容になったときは、焦らずに今日は契約をする予定がないことを伝える準備だけをしておけばよいからです。

     

    また、強い調子で契約を迫られても、何かの理由を言い訳にして、契約は次回にすることを相手側に上手に伝えましょう

     

    なぜ、その場で契約しない方が良いの理由は、ブライダルフェアの熱気、雰囲気に乗せられてうっかりと契約をしてしまうこともあるからです。

     

    確かに、人気の式場は予約するだけでも混雑があって早く契約する必要なときもあるのですが、熱気、雰囲気に乗せられて契約を決めてしまった場合、あとで後悔することも多いからです。

     

    今自分たちが冷静な状態なのかを二人で確認する作業が必要ということです。

     

  • 複数のブライダルフェアを回ることで疲れること
  • 複数のブライダルフェアを回ることで疲れることは当たり前なのですが、お互いの時間の調整をして一緒にフェアに参加する難しさもあって大変疲れることになります。

     

    だからこそ、計画的なブライダルフェアの回り方を事前に検討しておくことをおススメいたします。

     

    ブライダルフェアに参加するためにお互いの時間を調整したり、ブライダルフェアに参加する服装を決めたり、持ち物のこと、そして、フェアに参加する目的もしっかりと決めてから参加することが大切です。

     

    なるべく事前に効率よくブライダルフェアに参加することを考えるだけで、この疲れるということが幾分解消することになるのではないでしょうか。

 

ブライダルフェア 注意

これから結婚式を挙げたいと考えているカップルに欠かせないのがブライダルフェアです。

 

 

ブライダルフェアでは、実際の結婚式の流れ、会場の雰囲気などを直に把握することができます。

 

 

また、結婚式で出される料理の試食、ドレスの試着も行うことができるので、自身の結婚式を具体的にイメージできるというわけです。

 

 

ただメリットばかりかといえばそうではなく、ブライダルフェアにもデメリットがあるので、参加する際には幾つか注意することがあります。

 

 

ブライダルフェアでは事前に結婚式会場の雰囲気を味わうことができますが、少なからずデメリットもあります。

 

 

それは、カップルで参加すると必ず結婚式についての相談会の時間が設けられるのですが、そこで少なからず営業されることです。

 

 

そもそも相談会とは、ウェディングプランナーに結婚式の内容や予算などの細かい話を聞ける貴重な場です。

 

 

なので、真剣に結婚式を挙げたいと考えているカップルにとっては有意義といえるでしょう。

 

 

その反面、まだ結婚を決め兼ねているカップル、他の結婚式場を見てから決めたいという場合は、少なからず面倒に感じてしまいます。

 

 

なので、注意点としては、相談会の際に正直にまだ決めかねている旨を伝えたほうが良いです。

 

ブライダルフェアに参加した方が良い理由とは

 

カップルがブライダルフェアに参加したほうが良い理由は、自分たちの結婚式を客観的にイメージできるからです。

 

 

ブライダルフェアでは、新郎役と新婦役のモデルが実際に挙式を再現してくれます。

 

 

その際、ゲストの立場から結婚式の音響、照明設備、ケーキ入刀などの演出などの雰囲気を見学できます。

 

 

つまり、どのような結婚式になるか具体的にイメージしやすく、自分たちの好みに合う式場を選択できるというわけです。

 

 

その他にも、彼にプロポーズしてもらうきっかけにもなります。

 

 

交際期間が長いのに、彼がプロポーズしてくれない方も多いのではないでしょうか。

 

 

その場合、デート感覚で彼をブライダルフェアに誘えば、結婚を意識してくれるきっかけになります。

 

 

それで、めでたく、プロポーズしてくれる可能性が高いです。

 

 

ブライダルフェアでは、結婚式の実際の雰囲気を体感できたり、ゲストに出される料理も事前に試食することができます。

 

 

結婚式をあげる前に詳細に色々とチェックできるので、ブライダルフェアは人生に一度の大切な結婚式で失敗しないためにも欠かせないものといえます。

 

 

ただブライダルフェアはいつでも開催されているわけではないので、興味のある方は事前にいつ行われているのかきちんと確認してから参加するようにすると良いです。

 

メリットばかりではない!ブライダルフェアに参加するデメリットとは?

 

    デメリット?ブライダルフェアで注意したいことまとめ

     

    今回、このページではブライダルフェアに参加するデメリットをあえて考えてみました。

     

    そのデメリットは、「式場側から営業されること」、「フェア回りで疲れること」の2点を挙げてみました。

     

    すると、何が起こったのかといいますと、デメリットを考えることで、それ以上にメリットの部分をハッキリと確認できたことでした。

     

    実際の結婚式の流れ、会場の雰囲気などを直に把握することができたり、料理の試食、ドレスの試着も行うことができたり、ウェディングプランナーによる結婚式の内容や予算などの細かい話を聞けるなど、結婚式を具体的にイメージできるメリットも大きく感じられたからです。

     

    他にも、交際期間が長いのに、彼がプロポーズしてくれない方も多いようですが、ブライダルフェアに参加することで、実際に結婚式をあげる機会が増えた先輩花嫁達のアドバイスの言葉ありました。

     

    ブライダルフェアは真剣に結婚を考えている方にとっては、デメリットというよりもメリットばかりの塊のように思うと良いのかもしれません。

     

    一生に一回の結婚式を失敗しないためにもブライダルフェアに参加することは欠かせないものといえます。

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

メリットばかりではない!ブライダルフェアに参加するデメリットとは?

先輩花嫁達のフェアへ行くメリット、デメリット、TOPに戻る≫

 

ブライダルフェアに参加した方がいい理由

トップへ戻る