ブライダルフェアに一人でも参加OK!

更新日2018.7.8/公開日2018.2.25

ブライダルフェア 一人

 

ブライダルフェアに一人での参加してもいい?注意したいことは? 目次

 

花嫁達(新郎)がフェアに一人で行く理由とは

 

 

    花嫁達(新郎)がフェアに一人で行く理由とは
  1. 彼氏の仕事が多忙ためブライダルフェアに一緒に行けるかどうか分からない。
  2. どこのブライダルフェアに行ったら良いのかわからない。
  3. そもそもブライダルフェアに参加すること自体あまり意味がないと思うから。
  4. ブライダルフェアへ行くことに意見の食い違ったため。
  5. 新郎、新婦どちらかの体調が優れなかったため。

ブライダルフェア 矢印

ブライダルフェアに一人での参加してもいい?注意したいことは?

 

    花嫁達(新郎)がフェアに一人で行く対策とは

     

  1. 彼氏の仕事が多忙ためブライダルフェアに一緒に行けるかどうか分からない。
  2. 彼氏の仕事が多忙でどうしても時間を空けることができないのでしたら、新婦(新郎)のどちらかがブライダルフェアに行くことは会場側としてはなんの問題も無いかと思います。

     

    もし、問題があるとしたら、一人で行くことができるのかどうかのハートだけです。

     

    多くの先輩花嫁からのアンケートの結果ですが、一人でブライダルフェアに行くのは「一人はとても寂しい」という方が多くいました。

     

    一人で行くのが新婦側でしたら「やっぱり新郎がいないととても寂しい」ようです。

     

    時短で参加できるブライダルフェアを探しましょう。

     

  3. そもそもブライダルフェアに参加すること自体あまり意味がないと思うから。
  4. 新郎側(新婦側)のどちらか片方の意見なのでしょうが、ブライダルフェアに行く意味が分からず、仕方がないので一人で行くことになったパターンです。

     

    たとえばですが、ブライダルフェアに行く意味を相手に説明することで、大きな喧嘩になることもあると困るから、自分一人でいくことになったという事例もあるかもしれません。

     

    ですが、ブライダルフェアに行かなければ何も始まらないのも事実です。

     

    今のままの、お付き合いという状態を続けることで満足ならば、それでも良いと思います。

     

    もし、そうではないと思うならば、どうあっても一緒にブライダルフェアに参加することを考えましょう。

     

  5. ブライダルフェアへ行くことに意見の食い違いがあったため。
  6. 結婚するためブライダルフェアに行くことを提案していたけれど、お互いの考え方の違いから意見に食い違いがあり、ブライダルフェアに行くことができない状態になっているということなのでしょうか。

     

    この対応策は、相手と納得のいくまで話し合いをしてお互いの気持ちを理解し合うようにする以外に答えはありません。

     

    お互いの意見が食い違ったまま、それを無視して進行してしまうと、後でとんでもない結果になるのかもしれないからです。

     

    何度も言いますが、お互い納得するまで、たとえどんなに時間がかかる話し合いになろうとも、どんな喧嘩になろうとも納得するまで話し合うことが大切です。

     

    万が一、それがもとで、どうにかしてしまっても、お互いが相手のことを想っているならば、そんなに簡単にふたりの仲は壊れることはないように思います。

     

    昔から良い言われる言葉で、雨降って地固まるという言葉がありますが、このようなときに一番最適な言葉はこれでしょうか。

     

  7. 新郎、新婦どちらかの体調が優れなかったため。
  8. お互いの体調がすべてとなります。

     

    もし体調に優れなく、時間も無くどうしてもブライダルフェアに行かなければならないならば、何んの心配も考えずに一人でフェアに参加することです。

     

    このようなときは、体調に優れない彼氏(彼女)がブライダルフェアに参加して見てきたことを、どううまく説明をすることができるのか、に全神経を集中しましょう。

     

    段取りチェックシートを活用して、写真も撮って、パンプレットも貰っておいて彼氏(彼女)に見てきたことを伝える努力をすることが一番のように思います。

 

一人でも参加OK!一人参加のメリットは?

 

どこで結婚式を行えば良いのか迷っているカップルにおすすめなのが、ブライダルフェアに参加することです。

ブライダルフェア 参加

 

 

ブライダルフェアに参加することで、模擬挙式を見学できるので結婚式当日の雰囲気を肌で感じる事ができます。

 

 

また、披露宴で出される料理の無料試食会、ドレスの試着も体験することができるので、自分たちに合った式場を選択することができます。

 

 

一般的にカップルで参加するものですが、実は一人でも参加することが可能です。

 

 

ブライダルフェアに男性が参加する場合、一人で行って良いかと不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

 

ブライダルフェアに一人での参加してもいい?注意したいことは?

 

実は、ブライダルフェアの案内には、「一人参加歓迎」「ひとりでも安心」と紹介されている事が多いため、一人での参加ももちろん受け入れてくれます。

 

 

実は、一人での参加には、カップルで参加する時にはない幾つかのメリットがあります。

 

 

たとえば、一人の場合、結婚式場をすごくスムーズに回ることが可能です。

 

 

女性が一緒の場合、ドレスの試着、料理の試食など細かい所を確認することが多く、男性は待たされてイライラしがちになります。

 

 

最初の1件なら我慢できますが、2件、3件と続くと嫌になってしまう男性は多いです。そのことが原因で喧嘩になって別れてしまうケースもあるくらいです。

 

 

その点、男性一人で参加すれば、自分が気になる点だけを確認しながらスムーズに回れるのでストレスがありません。

 

 

お互い嫌な気分にならずに式場を決められるので、とても楽です。

 

一人参加する場合の注意点

 

一人でブライダルフェアを予約する際は、注意したいポイントがあります。

 

 

それは、参加する前にパートナーに結婚式場に対する要望について細かく訊いておくことです。たとえば、披露宴の参列者の大体の人数、披露宴の日付、着用したい衣装の種類、やりたい演出などどういう点にこだわりたいかを確認します。

 

 

こうしてお互いの要望をすり合わせてから担当者に相談することで、より具体的なプラン、大まかな予算を教えてもらえます。

 

 

その他にも、ブライダルフェアの相談会では担当者からしつこく営業を受けることになります。

 

 

その際、決して一人で即決せずに、一度、帰ってパートナーときちんと話し合うことが大事です。

 

 

ブライダルフェアに参加すると、模擬挙式、披露宴用の料理の試食、スーツの試着などで自然と結婚への気分が高まってしまいます。

 

 

その勢いのまま契約を結んでしまいがちですが、結婚式は女性にとって一生に一度の大切なイベントです。

 

 

したがって、パートナーときちんと話し合い、慎重に式場を見極める必要があります。

 

 

一人でブライダルフェアに行く場合、自分のペースで気になる点をじっくりと見て回れることが最大の魅力といえます。

 

 

また、男性の場合、あまり結婚に対して前向きではなくても、ブライダルフェアに参加することで気分が高まり、結婚したいと強く思えるようにもなることも利点と言えます。

 

 

ですが、基本的には、パートナーとブライダルフェアの内容をどううまく伝えようと、「百聞は一見にしかず」、と言う言葉もある通り、男一人で体験してきたことを上部に伝えること自体難しい行ためとなるのではないでしょうか。

 

 

そんな気分になった時は、やはり百聞は一見にしかずの言葉を信じて、パートナーと一緒にブライダルフェアに参加することを大事にしましょう。

 

 

ブライダルフェアで体験してきたことを上手に伝えるという努力をするのではなく、一緒に行くことを優先した話の進め方をしてみましょう。

 

 

相手が女性にでしたら「憧れのウェディングドレスが素敵だったから一緒に見に行かない」とか、「フェアではブライダルスイーツが美味しそうだったら一緒に食べに行かない」と言った感じの誘い方です。

 

 

女性ならば、素敵なウェディングドレスを見に行けたり、美味しいスイーツを食べることができるならば、いわばデート感覚と言った感じで「楽しい!」って気持ちになるのではないでしょうか。

 

 

よほど、仕事が忙しいとか、他にも時間が取れない理由があったとしても、自分が信じているパートナーに対しては、お互いの気持ちを共有するという努力が不可欠となるからです。

 

 

他にも、このような誘い方を考え方を優先するならば、一人でブライダルフェアにいく理由もなくなるわけです。

 

先輩新郎の管理人シバと先輩花嫁の律子です。


ブライダルフェアに関して、結婚式に関して、不安は一杯あると思います。


一生で一回の大切な結婚式をするわけです。


ぜひ、困ったこと、不安なこと、聞いてみたいこと、など
どんなに些細なことでも質問がありましたらお気軽に連絡をください。


少しでも、新米花嫁達の力になりたいと思う気持ちからです。


どんなに小さいを思われる事でも気後れしないで、気楽にメールしていただくことを心待ちにしています。


先輩新郎の管理人シバと先輩花嫁の律子より


先輩新郎の管理人シバと先輩花嫁の律子のお問合せはこちら≫

 

失敗しないでウェディング式場予約サービスを決めるコツとは

ブライダルフェアが別れの危機に?デートで行く場合の注意点、に続く≫

 

トップへ戻る