本当にフルコースが無料で食べられるの?

公開日2018.3.19

ブライダルフェア ゼクシィ

 

デート感覚で楽しめる!ブライダルフェアのフルコース試食会とは? 目次

 

ブライダルフェアでフルコースが無料で食べられるの?

 

ブライダルフェア フルコース

結婚を決めた相手と結婚式場を決める際、ゼクシィやレイウェディングなどの専門雑誌を参考にされることもあると思います。

 

 

専門雑誌には、式場の紹介とともにブライダルフェアの案内を行うものも多いです。

 

 

ブライダルフェアでは、挙式会場や披露宴会場の見学のあと見積書を作成することが定番です。

 

 

その見積には、披露宴の食事内容も含まれていますが、味を確認するためフルコースを試食させてくれる会場も多数あります。

 

デート感覚で楽しめる!ブライダルフェアのフルコース試食会とは?

 

では、この試食についてどのようなものかを以下で述べていきます。

 

 

ブライダルフェアでは、コース料理を出してくれる式場が多いです。その中の一部の式場では無料でフルコースを振る舞ってくれます。

 

 

式場には、いくつかの食事プランがありますが、その中の標準的なメニューを振る舞うケースが多いです。

 

 

せっかくの披露宴であるため、実際の味の好みと異なるようであれば料理を調整したいとの式場側の思いもあり、実現しています。

 

 

試食により、グレードアップを申し込む方、メニュー内容の具材の変更を申し込む方、アルコールメニューを変更する方など食べてみた感触により実際にどのようなおもてなしとするのか主役である新郎新婦が検討することとなります。

 

 

フルコースメニューを食べてみることによるメリットは多くあり多数の方から評価されています。

 

 

また、このような試食では、メインを洋食、和食、中華にするのかを決めたり、ゲストにはどのような食事が良いのかを考える機会となります。

 

 

自分たちだけではなく、ゲストのことも同時に考えることができるのならば、参加した方のみんなが満足のいくブライダルにすることができるからです。

 

 

具体的には、アレルギーの人向きの食材を考えたり、歳を取っている方向きのメニュー、子供のメニューなど、考えなけばならないことがたくさんあります。

 

 

このように多くのメニューや食材を考えることで、結婚式の予算がアップすることもありますので、ここは担当のプランナーとよく相談をしておくことが大切になります。

 

 

担当のプランナーと相談するときは、プランナーや担当スタッフがどのような提案をするかに気を付けましょう。

 

 

通り一遍の、まるでマニュアルのような答え方をするスタッフでは意味がないと言っているわけです。

 

 

自分なりのブライダル、そしてゲストの方が喜んでもらえるブライダルを演出していくことが大切だからです。

 

試食目当て?と思われないために注意したいこと

 

フルコースの料理を試食することでよりよい披露宴を開くための準備に繋がるものです。

 

 

一方で、デート感覚で式場探しを行う新郎新婦にとって、試食はデートの一環です。

 

 

場合によっては昼食を食べるためにブライダルフェアに参加する方がいてもおかしくありません。

 

 

式場側も当然そのような目的の来場者がいることは理解しています。

 

デート感覚で楽しめる!ブライダルフェアのフルコース試食会とは?

 

式場によっては、フルコースや料理の一部を有料で提供する式場もあります。

 

 

新郎新婦にとって、無料の料理を目当てと思われないように気を付けるべき点についてお伝えいたします。

 

 

まずは、自分達が候補に入れていない式場には行かないことです。

 

 

話をしていても上の空であり、その気持ちが相手に伝わります。

 

 

そのほかは、その式場の利点と短所をしっかり把握した上でいくことです。

 

 

少しでも式場を使う可能性を伝えるためには重要です。そして、興味関心のある式場を選んで参加しましょう。

 

 

このように結婚式の披露宴において、提供される料理は結婚式全体に大きな影響を与えるものであり、事前に料理内容や味などに調整すべき点はないかという視点で重要視されています。

 

 

ブライダルフェアにて無料のフルコースには意義があります。

 

 

新郎新婦にとってはデートの一環でも成り立つものであり、楽しみながら各式場を探すためのモチベーションともなるものです。

 

 

少しでも興味関心のある式場を多く回り、ご自身に合う式場を見つけることが大切です。

 

 

もしかしたら、料理で会場を決めてしまうこともあるかもしれません。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

デート感覚で楽しめる!ブライダルフェアのフルコース試食会とは?

ブライダルフェアでイメージしておきたい当日の撮影アイデア、に続く≫