ブライダルフェア荒らし認定されないために・・・行く前に決めておきたいこと

ブライダルフェア荒らし認定されないために・・・行く前に決めておきたいこと

その行動はバツ!ブライダルフェア荒らし認定されてしまうNG行動!

更新日2022.2.03/公開日2017.12.10

ブライダルフェア 荒らし

 

 

プレ花嫁必見!ハナユメの式場探しお得な応援キャンペーンとは
ハナユメの式場探し応援キャンペーンで一番すごいことは、結婚式をほんとにお得にできちゃうこと。結婚式を挙げる予算が少なくて悩んでいる方は一度相談してみるとよいかも。


キャンペーン

さらに、ハナヨメで見学予約、フェア予約をするとついてくる「ハナユメ割」ならば結婚式の費用が100万円以上おトク※になることも?!


※ハナユメから式場見学を予約し成約いただくことが条件です。

※式場、日時、人数によっては、割引額が100万円より下回る場合もあります。

ハナユメウエディングデスクでは、結婚式の予算が心配だった僕たちにたくさんのお得なキャンペーンを教えてくれました。ありがとうございます。

 

花嫁達がフェア荒らしに認定される原因と対策とは

 

 

    花嫁達がフェア荒らしに認定される原因とは

     

    同じ会場にデート感覚で、おいしいスイーツを食べるためだけ、粗品をもらうことだけの目的で何度も訪れた場合はフェア荒らしに認定されることもあるようです。

 

 

    花嫁達がフェア荒らしに認定される対策とは

     

    同じ会場に何度も足を運ぶ行為に関しては問題ないと思います。

     

    ただ参加するのであればきちんと目的を持つことが大切です。

     

    あきらかに、スイーツを食べるためだけ、粗品をもらうことだけの目的で何度も訪れた場合でなければ、なんど足を運んでも良いからです。

 

管理人リツコだったらどうなのかを考えてみたのですが、デート感覚で訪れるカップルが、おいしいスイーツを食べるためだけ、粗品をもらうことだけの目的で訪れたとしても、だからといって荒らし行為認定するとは言えないのではないかと思っています。

 

 

なぜならば、荒らし行為に近い行為をする方もいつかは結婚することになって本当のお客様になるかもしれないからです。

 

 

荒らし行為だと認定されても、式場から素晴らしい対応を受けたならば、将来のお客様になることだってあるのではないでしょうか。

 

 

それを、荒らし行為と認定されて、嫌な対応をされたならば、将来その会場でブライダルをする気になるでしょうか。

 

 

ですので、最低限のマナーを意識しながらどんどんブライダルフェアに参加するようにしましょう。

 

 

管理人リツコでしたら、気に入った会場があったら2回どころか3回、4回と行くこともあります。

 

 

それを2回以上訪問したから「荒らし認定」といわれたようなものです。

 

 

間違いないことは、今まで気に入っていた会場でも夢から覚めたように嫌になってしまい、一気にひいてしまうことになります。

 

 

ちよっと荒らしにみえるのかなぁ、と思って気を遣ってしまっては、肝心なことを何も見てこれなかったなんていう悲しい結果になってしまうこともあるのです。

 

ブライダルフェア荒らしってどんな行動なの?

 

ブライダルフェア 荒らし

ブライダルフェアに来場する方は決して結婚を目前としているカップルだけではありません。

 

 

いずれは結婚したいと思っている人や、既婚者の意見がほしいという理由で女性同士や家族連れで参加するという場合もありますので広く窓口を設けています。

 

 

もちろん式場によっては予め参加条件を設けているところもありますが、基本的には希望する人であれば誰でも歓迎しますというスタイルを持っている式場がほとんどです。

 

ブライダルフェア荒らし認定されないために・・・行く前に決めておきたいこと

 

だからこそ多少なりとも荒らし行為を行う人が生まれてしまうのですが、そこには様々なNG行動が見られます。

 

 

まずは式場側の話を聞こうとしないということです。

 

 

会場案内や資料をもとに説明してくれるスタッフの話を聞こうとせず、試食として出された料理やスイーツにばかり貪欲さを出す行為は一目で見て荒らしだと思われてしまいます。

 

 

また最後の相談会において特に相談することもないような状態では、結婚式というものに真剣さを感じられません。

 

 

参加するのであればきちんと目的を持つことが大切です。

 

 

また実際に成約を悩んでいるという人ではないかぎり同じ式場に複数回参加するというのは絶対にNGです。

 

 

何度も足を運ぶというのは明らかに特典目的だということが分かるからです。

ブライダルフェアにブラックリスト?連絡なしのキャンセルはNG!≫

 

荒らしにならないために意識しておきたい!ブライダルフェアへ参加する意義

 

ブライダルフェア 参加

 


そもそもブライダルフェアではどのようなことができるのかということですが、その内容は式場によって大きく異なります。

 

 

模擬挙式を行って実際の結婚式の雰囲気を体験することができるものもあれば、豪華な試食やドレスの試着、来場特典として粗品をもらうことができる場合もあります。

 

 

しかしこれらはすべて「これから結婚式をすることを考えているカップル」を前提に行われているものです。

 

 

それにも関わらず「ランチ代を浮かせることができるから」とデート感覚で訪れるカップルや、おいしいスイーツを食べるため、また粗品をもらうことを目的として訪れる人は式場側からすれば荒らしのようにとらえられてしまいます。

 

 

まずはなぜブライダルフェアではこんなにたくさんの特典を受けることができるのかという意味を理解することが大切です。

 

 

誰が訪れても良いイベントではありますが、参加条件が設けられていないことをいいことに、得をすることを目的に行くのは式場側に失礼です。

 

 

そこはモラルや常識を考えて、デート感覚や得を得るための参加は控えるようにするのが荒らし防止には欠かせないポイントです。

 

 

参加するのであれば式場が提供する情報に意欲的になること、そして今すぐ結婚する予定がなかったとしても、いずれはしたいと思っているなどの明確な目的を持っておくことが大切です。

 

 

管理人リツコです。「式場側からすれば荒らしのようにとらえられて」という感じで、ちょっと強めな「荒らし」という言葉を使ったのですが、だからと言って自分たちは荒らしにみえるのだろうか、など考えることも必要ないし、会場側に気を遣うこともまったくありません。

 

 

管理人リツコが心配になったことは、気を遣うことでブライダルフェアに行くことから足が遠のいてしまい、本来の目的と違うからです。

 

 

将来ブライダルをする予定とか、ブライダルをしたい、そんな漠然とした感じでもブライダルフェアに行くことはけして間違いではありません。

 

 

そのくらい意識があれば大丈夫ですので、ブライダルフェアへは、気を遣わないで積極的に参加するようにしましょう。

 

 

多くのブライダルフェアに参加することで、自分たちのブライダルをどうしたら良いのかがみえてくることもあるからです。

 

 


結婚式選びで悩んだらまずは無料相談から
人気の「ハナユメ」は、「お得感」「スピート感」で真剣な僕たちにはピッタリな選択!