先輩花嫁たちの装飾、装花の選び方と節約対策とは

公開日2018.7.22

ブライダルフェア

 

 

装飾、装花の相場と選び方とは

 

ブライダルフェア 装花

一生に一回の結婚式なので会場はできるだけゴージャスにしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

装飾、装花は、会場をゴージャスにするために数量を増やしたいと考える場合が多いようですが、ついうっかりと予算をオーバーしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

装飾、装花は、ウェディングブーケ、ブートニア、メインテーブル、ゲストテーブル、ケーキフラワー、ご両親様用ギフトアレンジメント、受付花 が基本となりますが、会場の大きさや選ぶ生花の内容によって費用の方もかなり違ってくるので、ブライダルフェアではしっかりと装飾、装花の数量と費用の説明を聞いておくことが大切となります。

 

 

装飾、装花にかかる一般的な相場は、およそ17万円前後と言われています。

 

 

最も多くの皆さんが選ぶ価格帯は10万円〜12万円であり、20万円〜30万円以上の費用をかける方もいるようです。

 

 

どれくらい費用をかけるのかについては個人差があるので、一概にこれくらいの価格が良いというわけではありませんが、相場をおよその目安にしておいて自分のこだわりによって増減を決めるようにしたら良いと思います。

 

 

まず、ブライダルフェアに行き、披露宴会場などを見学しながら、装飾、装花おいてある場所と費用のチェックしてみるとイメージがしやすくなります。

 

 

特に、この会場の大きさ、形での装飾 装花はどれくらいが最適なのかとか、費用のことも含めて説明を受けたり、どうしたら装飾 装花の費用を節約することができるのかも考えることが大切と思います。

 

先輩花嫁たちの装飾、装花を上手に節約方法

 

ブライダルフェア

 

先輩花嫁たちの装飾、装花の選び方と節約対策とは

 

    先輩花嫁たちの装飾、装花を上手に節約をする方法

  1. 装飾や装花が必要な部分を知る
  2. 装飾や装花ではどの生花を選ぶのかを考える
  3. できる限り生花装飾を少なくすることを考える
  4. 装飾、装花では込みこみのパッケージプランを選ぶ
  5. 装飾、装花の最適な量をブライダルフェアでチェックする

 

ブラダルフェアに参加したけれど、料理や衣装ばかりに気をとられ、装飾や装花については意外と考えていなかったという人も少なくはないようです。

 

 

必要な装飾、装花については、こうしなければいけないとかの決まりがあるわけではありませんが、ブライダルでは、装飾、装花が費用に占める割合が大きいこともあり、上手に装飾、装花、を考えることでトータルな節約もできます。

 

 

あくまでも個人の好みの問題となるのですが、ブライダルフェアで実際に飾りつけがされている会場を見ると、何がどれくらい必要なのかがわかることもありますので、ブライダルフェアに参加したときは、装飾、装花のチェックもしておくようにしましょうということで、上手な装飾、装花のチェック方法を節約という目的でまとめてみました。

 

  • 装飾や装花が必要な部分を知る

なるべく節約をしたいと思っている方は、まずは入口やテーブルなど、装飾や装花が必要な部分はどこなのかということを考えてみましょう。

 

 

無駄を省いて必要な場所だけに装飾、装花を準備するというわけです。

 

 

つまり賢い装飾、装花の仕方ですが、実際にどの部分に装飾、装花を施すのかは、現場を知り抜いているベテランプランナーとしっかりと話し合って決めることが大切です。

 

  • 装飾や装花ではどの生花を選ぶのかを考える

また、装飾、装花には生花を使うことになりますので、どの生花を選ぶのかが節約では問題になってきます。

 

 

どのようなことかといいますと、生花には季節によって旬の花というものがありますので、旬の花をなるべく選ぶようにすることが費用を抑えるコツとなります。

 

 

この辺もベテランプランナーとの話し合いということになるのですが、新郎新婦側に希望する装飾、装花があるのでしたら、この時点で予算を決めておくとよいと思います。

 

  • できる限り生花装飾を少なくすることを考える

できる限り生花装飾を少なくすることを考えればその分装飾や装花に必要な費用が節約できます。

 

 

たとえば、装飾や装花といいましても、装飾という意味では、テーブルクロス、食器、会場の雰囲気、なども装飾だということです。

 

 

ここでは装飾に使う装花を減らして、他のもので補うことで華やかさを強調するという節約をするという方法もあります。

 

 

単純に装飾や装花だけを考えるのではなく、トータルでのコーディネートを考えるということです

 

  • 装飾、装花では込みこみのパッケージプランを選ぶ

少しでも費用を節約をしたいという方は、結婚式場には装飾好みのパッケージプランがあるので、パッケージプランを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

パッケージプランを利用すると料金が割安になることが多いので、どうしてもこうしたいというこだわりがないときは、パッケージプランを利用すると結婚式にかける費用を節約することができます。

 

 

装飾については特に決まりはなく、個人の好みですが相場はおよそ17万円前後くらいなので、この価格を目安にしておくとよいでしょう。

 

 

他にも、料理+装飾 装花の込みこみプランというものもありますので、トータル計算で費用を節約することにしましょう。

 

  • 装飾、装花の最適な量をブライダルフェアでチェックする

ブライダルフェアに行くときは、どのように飾り付けをしてあるのかを意識して見ておくと参考になります。

 

 

特に、費用を節約したいという方は、どの部分にどれだけの装飾、装花が必要なのか、ということをチェックすることで無駄を省くことができるようになります。

 

 

つまり、誰もが見えない部分にはお金を払う必要がないというチェックとなります。

 

装飾、装花のまとめ

 

ブライダルフェア

 

 

先輩花嫁たちの装飾、装花の選び方と節約対策とは

 

装飾、装花では、自分たちの好きなイメージカラーを決めて、そのカラーに沿った花の種類を選んだり、結婚式テーマに合わせたり、季節もので会場を彩ったりするカップルの方が多いようです。

 

特に、素敵なのは季節の装飾、装花を選ぶという方法です。

 

春、夏、秋、冬の装飾、装花で素敵に会場を彩ることができるのならばワクワクの結婚式になること間違いないからです。

 

たとえば、夏の装飾、装花ですと「ひまわり」メインにしたり、冬の装飾、装花ですとクリスマスの色赤を中心にして素敵な結婚式を彩ることもできます。

 

他にも、装飾、装花では、予算も多くかかることもありますので、しっかりと節約にも目を向けて検討することが必要です。

 

一生で一回の大事な結婚式を、あとで素敵な思い出に残すためにも、真剣に装飾、装花をふたりで作り上げてみることにしましょう。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

ブライダルフェア 矢印

先輩花嫁達のフェアでできるメリット、TOPに戻る≫