チャペルに惹かれてぐるなびウェディングから予約しました体験談

更新日2018.8.29/公開日2018.3.24

チャペルに惹かれてぐるなびウェディングから予約しました

 

 

ぐるなびウェディングのブライダルフェアに参加

 

チャペルに惹かれてぐるなびウェディングから予約しました

 

  • 女性 20代後半 会社員 パートナー ぐるなびウエディング
  • 式場予約サービス活用あり体験談

 

ぐるなびウェディングの予約サイトにあったホテルの結婚式場で家族挙式と食事会をしました。

 

食事会ならば普段もぐるなびを利用していましたので迷うことなくぐるなびウエディングでの挙式と食事会を考えました。

 

ホームページではガーデンウェディング風の屋外チャペルが紹介されているだけだったのですが、室内チャペルがとても魅力的な式場でした。

 

ガーデンウェディング風のチャペルも素敵だったのですが、式を希望しているのが夏だっため室内チャペルも見学しました。

 

 

室内チャペルはホームページにも載っていなかったため期待していなかったのですが天井全体が窓になっているチャペルでバージンロードはクリスタル張りの床でキラキラ輝くチャペルでした。

 

 

何故ホームページに載せていないのか不思議なくらい素敵で、他の式場を見る前に決めてしまいました

 

 

事前に挙式費用をネットで見て人数的に予算内だと思っていたのと、ブライダルフェアで計算してもらった見積もりが予算内だったので契約したのですが、契約から式内容が決定するまでに見積もりの2倍くらいの金額になってしまったのは残念でした。

 

 

身内なので披露宴はお食事会という感覚の気軽なものだけのつもりだったので、凝った演出はしないためお料理が美味しいというのも決めてだったのですが、フェアでこのお料理なら良いなと思っていたお料理はオプション価格の料理でした。でも、折角なので予算からオーバーするのも覚悟でオプションコースにしました。

 

 

また、ドレスも「家族挙式コース」というパック料金にドレスレンタル料金も含まれるという説明でしたが、「一部ドレスはプラス料金」ということで気に入ったドレスはパックに含まれないものだったためそこでも追加料金が発生しました。

 

 

その他に挙式中に風船を飛ばしたりシャボン玉を飛ばすような演出がフェアで行われていたので、素敵だと思ったのですが、それはオプションということでそれだけで数万円かかるということだったのでそこは諦めました。

 

 

本当に家族だけの挙式だと最低人数的に達しない式場も多く、人数的に結婚式場の選択肢は限られてしまいます。

 

 

今となってはもっと沢山の式場に足を運んでも良かったのかなとちょっと後悔もしています。

 

 

予算内の押さえるための提案が良い演出を削ることでしたら違う

 

また、フェアの後に出される見積もりは希望を言わない限り本当に最低限の式と披露宴があげられる内容で出されることもあるため「これはパック内でしょう」と思い込まず、演出やお料理、その他追加料金が発生する可能性のあるものはどんどん聞いて出してもらうと最終的な差額に驚くすることは少なくなると思いました。

 

 

あまりの差額が出るとやりたいと思っていたことを直前で削らなければいけないことにもなりかねないので見積もりは重要です。

 

 

また、ブライダル見積もりを出してもらった後のフォローの大切さも実感しました。

 

 

良い演出があればオプション料金はわかるのですが、ただ予算内の押さえるための提案が良い演出を削ることでしたら違うと思うからです。

 

 

良い演出の代替え策とか、良い演出を削らない提案策みたいなものをもっと出してほしかったと思います。

 

 

お金を払えばよいドレスの選択ができたり、もっとお金を払えば素敵な演出をすることができる、ってなんか悲しい気持ちになったことと、誰のために行うブライダルなのかわからなくなりました。

 

 

ブライダルは、間違いなく私たちのために行うものです。

 

 

でしたら、ブライダルをするカップルが喜んで満足するようなブライダルを提供することがどうしてできないのでしょうか。

 

チャペルに惹かれてぐるなびウェディングから予約しましたのまとめ

 

チャペルに惹かれてぐるなびウェディングから予約しました

 

 

女性 20代後半 会社員 パートナー ぐるなびウエディングの例。

 

素敵なブライダルフェアでは緊張と興奮が混ざり合い、すこし非現実的な雰囲気に流されて、契約にサインをしてしまうことはよく聞く話です。

 

このカップルも、事前にわかっていたのかどうかですが、「ブライダルフェアで計算してもらった見積もりが予算内だったので契約しまい、契約から式内容が決定するまでに見積もりの2倍くらいの金額になってしまった」とありました。

 

この例からも分かるように、契約を先にするのではなく、オプションの費用などをすべて決めた後に契約をするのは必須です。

 

たとえば、料理、演出、ドレス選び、撮影、司会などをオプション料金の項目もチェックしながら選んでいきましょう。

 

そして、その決めた状態で一度計算をしてもいます。

 

その計算した金額が予算内であれば問題はないのですが、それが予算を超えていた場合はどうするのかです。

 

契約を済ましていればすべてを断るわけにはいきません。

 

また、見積もり段階では、どんなイレギュラーな出費があるのか計算してみなければわかりません。

 

ですので、絶対にすべてのイレギュラーとも思える費用、オプション費用なども計算に含めて計算した数字を確認してから契約をすることをおススメします。

 

管理人シバのおススメする契約の仕方は、どんなに凄い特典を貰えるからと言ってもその場で契約はしません。

 

特に、初めて行ったブライダルフェアでの即決契約は、後で後悔することが多く、絶対に契約をするようなことは極力避けます。

 

できるだけ、一度家に持ち帰って頭を冷やしてからふたりでじっくりと検討してから決めることが大切です。

 

会場の熱気、会場の雰囲気、会場の流れでつい契約してしまうことは失敗につながるからです。

 

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

チャペルに惹かれてぐるなびウェディングから予約しました

楽天ウェディングのフェアを活用して素敵な挙式を、に続く≫