ベールダウンとは?

公開日2018.1.25

ブライダルフェア

 

ブライダルフェア模擬挙式でも感動してしまう!ベールダウンとは? 目次

 

ブライダルフェアで参考になるベールダウンとは?

 

ブライダルフェア ベールダウン

挙式においてバージンロードを父と娘が一緒に歩くという演出は一般的なのですが、最近それと同じようにメジャー化してきているのがベールダウンです。

 

 

母と娘による演出なのですが、なぜこのようなことを行っているのかという由来を知っている人は多くはありません。

 

 

由来を知ることによってその魅力を感じることができるのですが、実際にこれを実演するかどうかというのは悩ましいものです。

 

 

そこで参考になるのがブライダルフェアです。

 

 

花嫁の顔を隠すかのようにかけられているベールですが、その歴史は非常に古く古代ローマ時代にはすでに花嫁を布によって隠すということが行われていました。

 

 

その役割というのは魔除けです。

 

ブライダルフェア模擬挙式でも感動してしまう!ベールダウンとは?

 

美しい花嫁を悪魔から守るために行われていたと考えられており、その習慣が現代にもブライダルベールとして引き継がれているのです。

 

 

決して華やかさを演出するための飾りではないのです。

 

 

ベールダウンはバージンロードを歩く前に母が娘にベールをかぶせる行動のことです。

 

 

お腹の中に命が宿ってから、母親は常に我が子を守り続ける存在でした。

 

 

そんな大切な娘が無事に嫁いでいくことができるようにと母の手でベールをおろすことで娘を守る最後の身支度をするということなのです。

 

 

花婿のところに無事にたどり着けるようにと安全と幸せを願って行います。

 

ベールダウンができない場合は?

 

 

周りの人の結婚式やブライダルフェアの模擬挙式などでベールダウンが行われると、ぜひその演出を行いたいと考える女性は多いでしょう。

 

 

しかしマリアベールなど顔の前におろすタイプではないものの場合には実演できません。

 

 

そういった場合には同じくお守りの役割があるパールなどを母の手で身に着けてあげるという方法もあります。

 

 

また日本古来より行われてきた神前式の場合であればそもそもベールがないのでベールダウンはできません。

 

 

しかしそれとは別に母が娘の身支度をととのえる末広の儀と紅置きの儀があります。

 

 

その他にも様々な理由でベールダウンができないという場合があります。

 

 

一般的にはチャペルに入る前に行うものですが、足や体が不自由という理由から席への案内がすすめられてしまう場合です。

 

 

ベールダウンをやりたかったと悔いてしまうお母様も多いのですが、この演出には1つ大きなデメリットがあります。

 

 

それはバージンロードを歩く父と娘を後ろからしか見られないということです。

 

 

父と娘が歩く表情や、父から花婿へ花嫁の手を差し出す姿を見るということができないというのは寂しいものです。

 

 

それを考えるとあえてやらないというのも手段の1つです。

 

 

両親の愛情を一心に受ける演出だからこそ多くの人々から支持されています。

 

 

そこには我が子を守りたいという親の愛情が由来していました。

 

 

それを知ることによってより特別なベールダウンとなるのです。

 

 

その良さをブライダルフェアの模擬挙式でしっかりと見て体感しておくことはとても大切です。

 

 

花嫁1人で決めるのではなく、両親がどうしたいのか、また新郎はどうした方がいいと思っているのかなどの意見も参考にしながら考えてみると良いでしょう。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

ブライダルフェア模擬挙式でも感動してしまう!ベールダウンとは?

結婚式場選びができるメリットとは、TOPに戻る≫