ブライダルフェアで撮影してくるべきポイント

公開日2017.12.22

ブライダルフェア 撮影

 

カメラが必須!ブライダルフェアで撮影してくるべき写真は? 目次

 

ブライダルフェアで撮影してくるポイントとは?

 

ブライダルフェア 写真

ブライダルフェアに出かける目的は、式場を決めるために実際にその会場を見て体験してみることです。

 

 

会場を決めるにあたってはそのための資料が必要となりますので、とにかくたくさんの写真を撮ってくることが大切です。

 

 

資料がたくさんあれば、後で見返すことができますし、複数の会場を検討する時にも役立ちます。

 

 

きれいな写真が撮影できる必要はありません。どんな雰囲気だったのかが分かることが大事です。

 

 

この際ですので、画質、アングルに気を遣わないでバシバシ写真を撮っておきましょう。

 

 

後で思い返した時に、ブライダルフェアでの体験がどうだったか思い出せないというのが一番困りものだからです。

 

カメラが必須!ブライダルフェアで撮影してくるべき写真は?

 

推奨するカメラは、できたらデジカメが最もおすすめです。

 

 

枚数をたくさん撮るのに気にならないこと、コンパクトなのでさっと取り出してすぐ撮れるというメリットがあるからです。

 

 

いい加減に撮っても、画質もそんなに悪くならないし、写真を撮るというイメージを持つことで、より前向きな映像が撮れるからです。

 

 

一眼レフの方が良い写真が撮れますが、荷物になりますし、重いことから、大切な構図などを考えている間に写真を撮るタイミングを逃してしまっては元も子もありません。

 

 

撮る枚数は多すぎるということはありません。

 

 

枚数が少ない方が後から振り返った時に抜けがあったりして思い出せないということにもつながる可能性がありますので、とにかくシャッターチャンスは逃さず、たくさんの枚数を撮るようにしましょう。

 

 

もちろん、普段使いの携帯で写真を撮る方法もあります。

 

 

この場合は、画質は仕方ないのですが、軽く気軽に写真が撮れるメリットもあるようです。

 

 

できれば、という話でデジカメを一番に推奨したのですが、持っていなかったり、間に合わないのであれば、手軽な携帯の写真でもOKですので、残りのメモリをチェックしておきましょう。

 

 

他にも、写真を撮るにはバッテリーが必要となりますので、前日にはしっかりと充電をしておくことが大切です。

 

後で見返して役立つ!写真撮影のコツ

 

ブライダルフェア カメラ

 

 

ブライダルフェアでは、お客さん目線で写真が撮れるのがメリットです。

 

 

結婚式の準備を行っていくと、ついつい主催者側としての見方ばかりになってしまうのですが、ゲスト目線でも考えていくことが大切です。

 

 

例えば、挙式会場や披露宴会場もゲストが座る席からの写真を撮ることができます。

 

 

ゲストが見た時にどんな風に見えるのか、どんな雰囲気なのかを写真を撮ることで知っておくことも大切です。

 

 

ブライダルフェアから帰ってきて、冷静になってから会場選びをする際の資料として写真を見ることとなります。

 

 

後で見返して役立つかどうか、というのがポイントになります。

 

 

たくさん枚数があれば、検討もしやすくなります。

 

 

ドレスの試着会などでは、特に色々なドレスを着て撮影をしておくのがポイントです。

 

 

その時には分からなかったことや、着ている本人では気づかないことも、写真を通して見ると、自分が良いと思ったドレスとは違うドレスの方がきれいに見えたりと、客観的な目で見ることができます。

 

 

式場の中には、その日に試着したドレスの着用写真をくれることがありますし、もちろんそれもありがたいのですが、それだけでなく自分達でもできるだけ多く、ドレスなら特にさまざまな角度から撮影しておくのがポイントになります。

 

 

また、多くの写真を撮ることで、その写真を見ながらブライダルで何をどのようにしたら良いかがわかることもあります。

 

 

大切な写真を撮る順番に関しての話をしておきます。

 

 

写真を撮る順番は段取りチェックシートに沿って行うことをおススメします。

 

 

なぜならば、同じ順番に沿って写真を撮ることで、後で整理や比較検討がしやすくなるからです。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

カメラが必須!ブライダルフェアで撮影してくるべき写真は?

実際に結婚しているカップルは?ブライダルフェアでの成約率はどれくらい?、に続く≫