すぐにブライダルフェアに行きたい!スケジュールを探す方法は?

すぐにブライダルフェアに行きたい!スケジュールを探す方法は?

行きたいブライダルフェアの種類を選ぼう

公開日2018.1.27

ブライダルフェア 種類

 

すぐにブライダルフェアに行きたい!スケジュールを探す方法は? 目次

 


結婚式選びで悩んだらまずは無料相談から
人気の「ハナユメ」は、「お得感」「スピート感」で真剣な僕たちにはピッタリな選択!

 

行きたいブライダルフェアの種類を選ぼうとは?

 


ブライダルフェアは、結婚式場で独自に開催するウェディング全般についてのイベントです。

 

 

模擬挙式や披露宴などでは、実際の流れや演出、照明やキャンドルサービス、テーブルセッティングや飾り付けなどを見ることができます。

 

 

パンフレットや公式サイトの写真などでは伝わりにくい部分もしっかりと確認できます。

 

 

ウェディングドレスの試着会や招待客に振る舞う料理の試食会などもあり、結婚をまだ具体的に考えていないカップルにも気軽に楽しめるイベントとして人気があります。

 

 

ブライダルフェアの内容は結婚式場によりさまざまなプランが用意されています。

 

 

自分が見ておきたいカテゴリーの種類に絞ってブライダルフェアを効率よく見て回るのも良いでしょう。

 

 

また、二人で相談して何を優先したいかをあらかじめ順位を決めておけば悩むこともありません。

 

 

主なブライダルフェアの種類としては次のようなものがあります。

 

 

「模擬挙式」、「模擬披露宴」、「試食」、「会場の選択」、「ウェディング試着」、「和装試着」、「神前式」、「キリスト教式」、「テーブルクロスの選択」、「引出物展示」、「音響」、「ビデオ」、「相談会」など多くの種類があります。

 

 

実際に参加した人たちは、模擬披露宴を通して、実際に介添えさんやスタッフがどう動きどう対応するのかがよく観察できた、和装に憧れていたがかつらを試着してみてあまりの似合わなさに神前は止めておこうと決心がついた、など、より具体的にイメージできるため無駄に悩む必要がなく参考になったという意見が多数です。

 

 

せっかくブライダルフェアに参加しても、自分たちが求める種類のイベントがなければ非効率になってしまいます。

 

 

無料の試食会だと思っていたら実際は有料だったということもあるため、事前に種類や料金を確かめてから予約することをおすすめします。

 

ネットや雑誌でスケジュールをチェックして予約!

 


結婚式場のブライダルフェアのスケジュールは、インターネットのウェディングサイトやウェディング雑誌などで全国の結婚式場から簡単に該当のブライダルフェアを探すことができます。

 

 

一般的には、行きたい日を入力して、希望する都道府県、市町村名などを入力、その後、行きたいブライダルフェアの種類を選択肢の中から選ぶだけです。

 

 

見たいものを複数選択することもできますが、あまり多く選びすぎると該当の件数が少なくなってしまいますので、優先したい種類を少数に絞ってから検索するのがおすすめです。

 

 

また、行きたい日にちは1日限定でなく、幅を持たせて何日分かまとめて指定して検索することにより、該当の件数も多くなり、効率よくスケジュールを組むことができます。

 

 

ブライダルフェアは、結婚が決まったカップルだけのためのイベントではありません。

 

 

ブライダルフェアに気軽に参加したことによって、より強く結婚を意識するきっかけ作りになることもあります。

 

 

デート気分で気軽に参加するカップルもたくさんいるため気後れすることはありませんし、ブライダルフェアに参加するためにドレスコードを気にしすぎるのも気軽に参加することができなくなるのでほどほどかと思います。

 

 

管理人リツコも複数のブライダルフェアを回った経験があるのですが、人気有名ホテルであっても、スーツを着てくる人もいれば、パーカー、Tシャツとジーンズで参加している人もいました。

 

 

ブライダルフェアに参加する目的は多少違っても、気軽にと言う意味からは、自分なりのドレスコードでも大丈夫と言うことです。

 

 

また、事前に予約が必須の式場は必ず申し込みを済ませておきましょう。

 

 

人気のブライダルフェアではあっという間に定員に達してしまうところがあるためです。

 

 

なぜ予約が必要なのかと言いますと、ブライダルフェアではイベントを見るためにある程度の時間をかける必要があるからです。

 

 

人気があるブライダルフェアですと多くの人が参加しますが、それですと一人当たりの接客時間が短くなり、その結果満足のいくブライダルフェアを見学することができないからです。

 

 

予約をするというシステムは、参加する方にゆっくりと会場を見ていただき、必要であれば時間をかけて説明をするためです。

 

 

予約するということを面倒だと思わず、自分たちのために行っているということを理解しておくことが大切です。

 


結婚式選びで悩んだらまずは無料相談から
人気の「ハナユメ」は、「お得感」「スピート感」で真剣な僕たちにはピッタリな選択!