ブライダルフェアで即決してしまうメリット・デメリットは?

公開日2018.1.20

ブライダルフェア

 

 

ブライダルフェアで即決の注意点とは?

 

ブライダルフェア 即決

ブライダルフェアはいろんな会場で随時行われていますが、即決すると様々な特典などもついてきます。

 

 

特典だけに目がいってしまい、それだけを求めてをブライダル会場へ行く方もいるそうです。

 

 

確かに、多くの特典をもらうことでブライダルの費用と言うことではメリットがあるのですが、逆に特典でつられてしまい自分の希望するブライダルにならなかったとあとで後悔するデメリットもあるようです。

 

 

他にも、一見すると魅力的に見えるブライダル会場ですが、すぐに決めてしまうと後で変更が合ったときに調整がしにくいときもありますので、1回フェアに出かけただけで即決するのではなくいろんなところに出かけてみて比較することが大切です。

 

 

なにしろ、ブライダルのトータル費用では驚くくらいの金額になるからです。

 

ブライダルフェアで即決してはいけない?

 

慎重に比較しながら、時間をかけて自分に一番合うブライダル会場を探しましょう。

 

 

自分たちだけでなく、両親やゲストにも良かったと思ってもらえるよう、親身になってくれる式場を探すわけです。

 

 

では、どのようにしたら自分たちの希望のブライダル会場をみつけることができるのかということなのですが、実際にブライダルフェアに参加した方でしたらわかるとおもうのですが、どこも結婚式場も素敵な場所ばかりなのですが、特典をもらっても即決をしないことだと思います。

 

 

冷静にブライダルフェアに参加する意味からは、一番良い方法は、ブライダルフェアに参加する段階でほぼ式場を決定している場合です。

 

 

これでしたら、式場の雰囲気やスタッフの対応を冷静に確認しながらブライダル会場を見ることができますし、ブライダルフェアに参加をすることで特典までもらえるわけです。

 

 

デメリットは、ブライダルフェアに出かけたりした時に、今決めている会場より良さそうなところを見つけたときです。

 

 

よくある話なのですが、このようなときは即決していますので変更が難しいということもありますので、あとで後悔してしまうことも多くあるという話を聞いたことがあります。

 

 

他にも、予想以上に招待客が増えて会場を変更しなくてはいけない場合ですが、これに対応してもらえることが難しいこともありますので、いろいろな状況は考えながら時間の許す限り比較して選ぶようにしましょう。

 

冷製になってから見積もりを確認する!

 

 

ブライダルフェアの雰囲気は本当に楽しい時間で、案内してくれるブライダルスタッフからも祝福されるとつい楽しい気分で「契約してもいいかな」となってしまいがちです。

 

 

日程自体も決まっていない状態だと、当日に他のイベントが重なったり、ゲストの来場が大変になってしまう事もあります。

 

 

予算に応じた見積もりを出してくれますし、いろんな特典を用意してくれているのは魅力的ですが、雰囲気だけで決めてしまわないように、カップル二人だけでなく両親にも相談してブライダルフェアでもらった見積もりをよく確認することも大切です。

 

 

ブライダル見積もり書を見るときに注意しなければならないことは、見積もりの金額でどこまでカバーしてもらえる内容になっているのか、追加料金が発生しないのか注意して見ていきましょう。

 

 

ブライダル見積もり書は、トータル金額だけを見るのではなく、個別の項目で見ていくわけです。

 

 

必要なことは時間がかかっても良いので冷静にブライダル見積書をチェックしていくことです。

 

 

この時なのですが、個別の費用を見ていくわけですが、必要ない項目でしたら削ることもできますので、その分の費用が安くなることもあります。

 

 

最近では、人気の手作りブライダルが盛んで、ウェルカムボードやブーケ、他にも手作りでブライダルをする方も多いようです。

 

 

このような場合は、手作りをした分でブライダル費用を安くすることも可能ですので、このようなことも考えながらブライダル見積もり書を見ていくと良いかと思います。

 

 

疑問点が少しでもあれば、いいやいいやと簡単に納得しないで、もう一歩突っ込んで費用明細を見ることで、けして後悔のしないブライダルを行うことが大切です。

 

 

万が一、雰囲気だけで決めてしまた場合のデメリットを考えてみました。

 

 

確かに、ブライダルフェアの華やかなムードの中で相談していると、ついクラクラときて勢いだけで契約するという事はよくある話です。

 

 

いったん契約してしまうと、それ以降に発生した変更などは追加料金が発生すると言われることもあるようです。

 

 

上手な契約の仕方とは、変更がありそうなこともすべて想定して契約をしておくことになりますが、まだブライダルの参加人数や全容がハッキリと決まらないうちから変更がありそうなこともことも想定してながら契約に盛り込む作業は大変な手間となります。

 

 

できれば最後まで即決をしないで、全容が決まった時点以降に契約をするようにしましょう。

 

 

他にも、多くのブライダル会場を見ないと自分に一番ピッタリがわからないと思います。

 

 

ブライダル費用、そしてブライダルの希望も加味しながら多くのブライダル会場に訪れて比較検証で選ぶことが大切となります。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

ブライダルフェアで即決してはいけない?

ブライダルフェア模擬挙式でも感動してしまう!ベールダウンとは?、に続く≫