1日に複数はしごする場合、有意義に回るポイント

更新日2018.7.23/公開日2017.11.28

ブライダルフェア はしご

 

 

複数のブライダルフェアを有意義にはしごする対策とは?

 

    複数のブライダルフェアを有意義にはしごする対策

     

  1. 事前に冷静に回れるのは一日何件かを決めておく
  2. 疲れないで冷静にブライダルフェアへは何件参加できるのかの視点で、フェアに参加できる件数を事前に決めておきましょう。
    ちなみにあまりにも少ない件数で決めてしまうと、後で後悔をする花嫁たちが多いようです。

    先輩花嫁達のフェアの下見は何件!その対策、続く≫

     

  3. 印象や直感をメモや録画、チェックシートを活用して記録しておく
  4. ふたりの印象や直感で感じたことをすぐに記憶しておく方法を考えておきましょう。
    メモ、チェックシートを活用するということになるのですが、携帯に付いている動画機能を活用すれば、動画と、その時に印象に思ったことを同時に記録しておくことができます。

    式場選び段取りチェックリストを活用、続く≫

     

  5. その式場やプランの強みを外さず参加するメリットを確認しておく
  6. ブライダルフェアに参加する前に、参加する式場の強みを理解しておきましょう。
    予算が安いのが強み、スタッフの良さが強みと、景色の良さが強み、などを知っていくのと、まったく知らないのでは式場を決めるときに大きな差があるからです。

    料理を試食体験、ウェディングドレスの試着体験、セミナー体験など、続く≫

     

  7. 式場予約サービスを上手に活用する
  8. 式場予約サービスは複数あります。それぞれ強みがあるわけですが、自分たちのこだわりがどのサービスに向いているのかを決めておきましょう。

    式場予約サービスの上手な選び方とは、続く≫

     

  9. 挙式に何かこだわりたい部分があるのか?
  10. 挙式に何かこだわりたい部分があるのかを、二人でじっくりと話しあってみましょう。
    この話し合いが上手にできれば、式場選びをスムーズに決めることができたり、あとで後悔の無い式場選びをすることができるからです。

    テーブルクロス、料理、会場の雰囲気、素敵なウェディングドレス、手作りウエルカムボード、などこだわりたい点は一杯、続く≫

 

ブライダルフェア 回る

1日で複数のブライダルフェアをはしごしようと思えば、午前・午後・ナイトプランと恐らく最大で3回くらいなら参加できるはずです。

 

 

しかし、それで確認したい事柄を冷静にチェックできるでしょうか。

 

 

体力的に自信があり、確認するポイントを押さえているのであれば不可能ではありませんが、2回くらいに抑えておくのが無難です。

はしごをするなら知っておきたい!ブライダルフェアの所要時間は?≫

 

 

ブライダルフェアに参加する時は、あらかじめチェックしておくことを二人で確認しておき、写真や動画で記録を取りながら見学・体験しましょう。

 

 

検討材料は多いに越したことはありません。

 

 

その場ではいいと思っても、帰って冷静に振り返るとそれほどでもなかった、ということも考えられます。

 

 

一方で、結婚式を挙げる当人たちが受けた印象や直感も大事にするべきなので、メモや録画、チェックシートを活用して一言添えておくなどして記録しておきましょう。

 

時間がない!1日にブライダルフェアを複数はしごする場合の巡り方

 

また、式場やプランの強みを外さず確認しておきましょう。

 

 

例えば、料理が有名なところなら試食会のタイミングを狙うべきでしょうし、ファミリー向けプランがある場合には細かな施設見学が必要になります。

 

 

料理を食べたり体験ができない単なる相談会の場合もあるので、ブライダルフェアの内容を事前に調べておくと時間を無駄にしません。

ブライダルフェアを1日に複数はしごする回数とは?≫

 

行ってみたい式場を絞り込むコツは?

 

ブライダルフェア はしご

 

ブライダルフェア 式場

ブライダルフェアをはしごすることは可能ですが、お互いの仕事や予定などもあり、それほど回数がこなせないことも考えられます。

 

 

回数に制限がありそうなら、あらかじめはしごするブライダルフェアに目星をつけておくことが必要です。

 

 

目星をするには式場予約サービスを上部に活用しましょう。

 

 

最も優先順位が高いのは、もちろん二人が一番参加してみたいブライダルフェアです。

 

 

模擬挙式や料理の試食会など、体験できることも多い方がいいので、フェアの規模が大きなタイミングを選びましょう。

 

 

行きたかったのに定数いっぱいで参加できなかったということがないように、本命ほどしっかりと早くから予約してから参加することにしましょう。

 

 

挙式に何かこだわりたい部分があるのであれば、そこにフォーカスしたブライダルフェアのはしごもおすすめです。

 

 

こだわりの部分さえ体験できれば、総合的なブライダルフェアほど規模が大きくなくて済みますし、それだけ開催頻度も多いはずです。

 

 

予約しておけばなお安心です。

 

 

その上でまだ日程的に余裕があるのであれば、他のブライダルフェアに参加してみましょう。

 

 

思わぬ演出やプランに出会えるかもしれませんし、自分たちの本命会場と比べるための検討材料にもなります。

 

 

ブライダルフェアではいろいろな発見ができると思います。

 

 

テーブルクロス、料理、会場の雰囲気、素敵なウェディングドレス、ウエルカムボード、有能なプランナーであったり、と比べることは山ほどあるからです。

 

 

すべてのこだわるのは大変です。

 

 

自分たちは、何にこだわるのかをいろいろと考えるだけでもブライダルフェアに参加する意味はあります。

 

複数ブライダルフェアを有意義にはしごするまとめ

 

時間がない!1日にブライダルフェアを複数はしごする場合の巡り方

 

    複数ブライダルフェアを有意義にはしごするまとめ

     

    複数のブライダルフェアをはしごする意味は何かを参加する前に二人で決めておきましょう。それをしておかないと、何件ブライダルフェアを回って意味がないからです。

     

    フェアのチェックではすべての時間を無駄にしないように、メモ、カメラ、チェックシートを活用して有意義な回り方をすることをおススメします。

     

    また、自分たちは挙式の何にこだわるのか、をあらかじめ決めておくことは大切です。

     

    テーブルクロス、料理、会場の雰囲気、素敵なウェディングドレス、ウエルカムボード、試食、セミナー、演出、ブライダルスタッフなどこだわりたい点は一杯あるのですが、すべてを満足させることは予算的にも厳しいからです。

     

    自分たちが満足するこだわりとは何かを二人で時間を取って話し合ってみましょう。

     

    けして、後で後悔しないように、二人で決めていくことが一番大切なことだと思います。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

時間がない!1日にブライダルフェアを複数はしごする場合の巡り方

初めてブライダルフェアに行くなら知っておきたいマナー、に続く≫