赤ちゃん・子供連れでもOK!ファミリー婚向けのブライダルフェアがおすすめ!

更新日2018.7.6/公開日2017.12.19

ブライダルフェア 赤ちゃん

 

 

ブライダルフェアは赤ちゃん・子供連れでもOKとは?

 

ブライダルフェアは赤ちゃん連れでも大丈夫?

 

以前は、なかなか赤ちゃん・子供連れの対応が難しかったのですが、最近では赤ちゃん・子供連れの花嫁達(新郎)に対応してくれる式場も多くなってきたようです。

 

特に、気にしなければならないことは、自分たちの赤ちゃん・子供が乳児から小学校就学以上のどれに該当するかで、式場の準備をチェックするようにしましょう。

 

特に、乳児から小学校就学(0歳〜6歳)までの幼児を考えるならば国家資格を持った保育士が担当が必要となりますので、希望の式場には保育士が在籍しているのか、どのような対応をしてもらえるのか、を式場予約をする前に確認しておくことが大切になります。

 

    赤ちゃん・子供連れの花嫁達(新郎)の式場選び対策とは
  1. 乳児から小学校就学(0歳〜6歳)ならば国家資格を持った保育士がいるのか
  2. 乳児から小学校就学(0歳〜6歳)に必要な、ベビーカー、おむつ替えスペースや授乳スペース、ベビーベッド、バウンサー、離乳食、寝具などの準備がどれだけあるのか
  3. 小学校就学(6歳)以上の年齢のための、チャイルドシートやキッズルーム、玩具、の準備があるのか

 

ブライダルフェア 子連れ

最近増えているファミリー婚とは、結婚する時点で赤ちゃんやお子さんがいるケースです。

 

 

おめでた婚であったり、再婚だったり、理由は色いろですし今はさまざまなケースがありますので対応している結婚式場も増えています。

 

 

赤ちゃんや子連れOKのファミリー婚向けのブライダルフェアというのも増えています。

 

 

そういったファミリー向けのブライダル婚であれば、赤ちゃん連れにもやさしくおむつ替えスペースや授乳スペースなどが設けられていたりしますので、参加しやすくなっています。

 

 

もちろん通常のブライダルフェアでも参加できるところは多いですが、念のため予約時に確認をしておくと安心です。

 

ブライダルフェアは赤ちゃん連れでも大丈夫?

 

ベビーベッドを用意してくれたり、さまざまな配慮をしてくれることもあります。

 

 

ファミリー婚自体も増えていますので、さまざまなケースを考えて企画してくれていますので安心して参加することができます。

 

 

式の時に赤ちゃんをどうするか、どのように登場させるかなど、そういった相談などもプランナーにすることができます。

 

 

新郎新婦だけではなく、ファミリー婚は家族での披露宴になりますので、その演出の仕方も少し変わってくることがあります。

 

 

実績がある式場ならより親身になって相談にのってくれます。

 

赤ちゃん・子供連れでブライダルフェアに参加する際の注意点

 

ブライダルフェア 妊娠

 

赤ちゃん・子供づれでブライダルフェアに参加する方は増えています。

 

 

スタッフも色々な配慮をしてくれますし、会場内にベビーベッドやおむつ替えのスペース、また中には託児所を設けているというところもあります。

 

 

安心して参加することができます。

 

 

しかし、また招待客の中に赤ちゃんやお子さん連れの方がいると言った場合には、招待する側としても配慮が必要となることがあります。

 

 

ブライダルフェアに参加した時の自分たちの体験も参考になりますが、たとえばベビーベッドを会場内に用意してもらったり、子供用のいすを用意したり、授乳室を作っておくといったこともおすすめです。

 

 

そういった配慮はブライダルフェアに赤ちゃんや子連れで参加した時に感じることもありますので、その時の経験を取り入れていくと良いでしょう。

 

 

また席の配置に関しても、ブライダルフェアで模擬披露宴などに参加する際にはできるだけ出入りがしやすい場所にしてもらったり、それも招待客におようしていくことが大事です。

 

 

お子さんはなかなかじっとしてくれませんし、飽きてしまうこともありますので、そういった配慮を招待客にもしてあげることは重要です。

 

 

ブライダルフェアに参加することでわかることもあります。

 

 

ここでチェックする項目は、お子さんの大きさによっての対応(準備)があるのかです。

 

 

大きい子供ですと自分自身でコントーロールすることができるのですが、小さいお子さんですと自分をコントロールできない場合もあるからです。

 

 

お腹にある状態ですと、ブライダル中に新婦の身体の負担もありますので、その結果、どのようなことが起こっても対応できる準備がどのくらい揃っているのか。

 

 

出産して間もないお子さんですと、動き回ることはできないのですが、しっかりとしたバウンサーの準備や離乳食、寝具などの準備がどれだけあるのか。

 

 

ある程度大きい6歳以上のお子様ですと、チャイルドシートやキッズのためのルーム、玩具、の準備があるのか。

 

 

乳児から小学校就学(0歳〜6歳)までの幼児を保育するために必要な保育士資格を持った保育士がいるのか、この辺が大きな式場を選ぶときの決め手になるようです。

 

 

このようにして保育士などを在籍させることで、親御さん新郎新婦は安心して式場を利用することができるからです。

 

 

なにからなにまで自分で用意することはかなり大変となりますので、できればブライダル会場にこのような準備がある会場を選ぶことが大切です。

 

 

事前に、赤ちゃん・子供連れのための準備を確認する方法は、直接電話で聞くか、メールで質問をしてみても良いかと思います。

 

 

ブライダルフェアに参加することができるならば、会場で赤ちゃん・子供連れのための準備がどれくらい整っているのかを直接聞くことができますので、都合に合わせてブライダルフェアへ参加することも考慮しましょう。

 

失敗しないウェディング式場予約サービスを決める3つ

ブライダルフェアは赤ちゃん連れでも大丈夫?

彼氏が忙しい!一人でブライダルフェアに参加する際の注意点、に続く≫